35周年記念発表会のリハーサル状況

投稿日:2018/2/1 木曜日 | カテゴリー:平和台スタジオ, 新所沢スタジオ, 本部スタジオ, 舞台のお知らせ 

1月より各クラスにてリハーサルを開始致しました、創立35周年記念発表会、
全生徒が出演する、
記念式典の《デフィレ》
《シンデレラ》Act2 舞踏会のオープニング【貴族の踊り】
上記2曲の振り渡しが全クラス完了しました。

昨日1月31日よりACT2 舞踏会の各クラス曲の振り渡しを開始致しました。

今回は35周年記念という事で “初の試み” の2部構成となります。

第1部 35周年記念式典
《デフィレ》2歳から80歳までの生徒全員による入場行進、
《DEVE ESSERE ARTISTA~芸術家たれ》パリにて活躍中のソプラノ歌手:高橋美千子氏を迎え、
歌とバロックダンス(錦織舞)のコラボレーションを上演致します。

高橋美千子氏は、ジョイ・バレエ プロデュース フレンチバロック・オペラの
2014年『プラテ…ジュノンの嫉妬』再演、
2015年『優雅なインドの国々』日本初演、
2016年『プラテ…ジュノンの嫉妬』再々演、
2017年『レ・パラダンー遍歴騎士』再演に御出演、又、
歌とクラシックバレエ・ピアノ・コンテンポラリー共演のクラシックコンサート
DEVE ESSERE ARTISTA~芸術家たれ
2014年Vol.4、2016年Vol.6Finaleに
御出演頂き共演しております。

第2部《シンデレラー又は小さなガラスの靴》プロローグ付全3幕

毎年、発表会以外の舞台、選抜メンバー出演のフレンチバロック・オペラや秋の文化祭では、
毎回のリハーサルにビデオカメラを持参し、子供達が自分達でアングルをチェックし、
自分達で録画をし、撮影したものをチェックする、という作業を行っております。
自分達で考え、撮影する事により、各自の自覚を促し、振付の覚え、音楽への理解力が深まり、
出演した子供達は、1カ月~2カ月のリハーサル期間で、1年分以上の成長を遂げています。
毎年発表会では、保護者の方に撮影をお願いしておりましたが、
今回の35周年記念発表会では、『自分達で撮影』のシステムを取り入れてみました。
この経験が、子供達の成長に繋がる事と思います。
(幼児クラスはジュニア初級・ジュニア中級のお姉さん達が撮影してくれます。)

その為、2月中は毎回ビデオカメラを子供達に持参させて下さい。
カメラの充電、メモリーカードの空き、の確認をお願い致します。


舞台のお知らせのNEWSページへBack