7/24(木) ラモー『プラテ』 オペラCAST発表

投稿日:2014/2/8 土曜日 | カテゴリー:平和台スタジオ, 新所沢スタジオ, 本部スタジオ, 舞台のお知らせ 

 

2年前の今日、2012年2月8,9日は、JOYの『プラテ』日本初演でした。

その後、再演希望の声が後を絶たなかった『プラテ』 遂にCAST発表です!

 

7/24(木) 『プラテ〜ジュノンの嫉妬』プロローグと3幕のバレエ・ブフォン

1745年版 再演 CAST

プラテ(沼の精霊の女王):Emiliano Gonzales Toro

フォリー(気まぐれの精霊):高橋美千子

タリー(喜劇の女神)&ジュノン(風の女神:ジュピテルの妻):Mathilde Etienne

モミュス(嘲笑の神):根岸一郎

テスピス(喜劇の創始者)&プラテアンダー:佐々木洋平

アムール(愛の神)&クラリーノ(プラテの侍女):田中麻理

メルキュール(旅人の神・ジュピテルの使者):鏡 貴之

シテロン(ギリシアの王):後日発表

サティ―ユ(半神半獣の森の精霊)&ジュピテル(最高神・雷の神):後日発表

イリス(虹の女神・ジュノンの侍女):錦織 舞  [バレエ]

アキロン(北風の精霊):Oliver Hawkes [バレエ]

 

プラテ役は、ヨーロッパでトップクラスの歌手で、スイスより来日、

フォリー、タリー&ジュノン役は、フランスより来日されます。

Emilianoさんの、フランスでのプラテ動画

 

ジョイ・バレエストゥーディオ プロデュース

『プラテ〜ジュノンの嫉妬』プロローグと3幕のバレエ・ブフォン

芸術監督・演出・振付・構成:錦織佳子

指揮・チェンバロ・コレペティ:野澤知子

コンサートマスター:天野寿彦

 

2012年 初演時より告知して参りましたが、

JOYでは、ラモー作品オペラ全幕を毎年上演していきます。

一年置きに、『プラテ』(2012年日本初演)

一年置きに、ラモー新作オペラ(2013年『レ・パラダン』日本版初演)

を上演致します。

 

今年2014年は、ラモー没後250年という記念すべき年です。

4月5日(土) 『ピグマリオン』バレエ化カットバージョン上演

7月24日(木) 『プラテ〜ジュノンの嫉妬』全幕再演

上演に向けて、JOYのラモーの年がスタート致しました♪

 

 

 


舞台のお知らせのNEWSページへBack