History~French Baroque Opera

ジャン=フィリップ・ラモー フレンチバロック・オペラ全幕上演記録

演奏:ジョイ・バレエ オーケストラ【古楽オーケストラ】 ヴェルサイユピッチa’=392Hz

2017年『レ・パラダン―遍歴騎士』再演

◆指揮・チェンバロにパリ市立音楽院古楽科 教授  Stéphane Fuget氏をフランスより招聘

◆後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  公益財団法人日仏会館

◆初稿譜の《Acte1アルジのアリア“ Triste séjour”》《Acte3アルジとアティスのDUO》が新しく現代譜に起こされ世界初演

◆(株)アミ・インターナショナル フランスクラブ主催 「フレンチバロック・オペラ」講演に登壇

◆日仏経済交流会・笹川日仏財団主催のプレコンサート開催

http://www.parisclub.gr.jp/event/2017-08-21-1-sp.html

◆日経ラジオに出演 公演告知

◆音楽月刊誌「ハンナ」にて《フレンチバロック・オペラとバレエ》全7回の連載を執筆

 

   

2016年『プラテ…ジュノンの嫉妬』Vol.3【1745年版】

◆後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  公益財団法人日仏会館

◆練馬区文化振興協会舞台芸術支援事業に選出

◆(株)アミ・インターナショナル フランスクラブ主催 「日本人によるフレンチバロック・オペラとフランス人による落語」講演に登壇

◆日仏経済交流会主催 プレコンサートを開催

http://www.parisclub.gr.jp/event/2016-04-16-1-sp.html

◆朝日新聞 公演評掲載

◆音楽月刊誌「ハンナ」公演告知掲載

◆音楽月刊誌「ハンナ」公演評掲載

 

2015年『優雅なインドの国々』プロローグ/第3/第4アントレ 日本初演【1735&1736年版】

◆後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  公益財団法人日仏会館

◆練馬区文化振興協会舞台芸術支援事業に選出

◆「音楽の友」公演評掲載

◆「音楽の友」《音楽評論家の選ぶオペラ》トップテン入り

 

 

2014年『プラテ…ジュノンの嫉妬』Vol.2【1745年版】

◆プラテ役 ヨーロッパ各地の国立劇場で活躍のテノール歌手 Emiliano Gonzalez Toro氏をフランスより招聘

◆ジュノン役 国立パリ・オペラ座・フランス各地で活躍のソプラノ歌手 Mathild Etienne氏をフランスより招聘

 

2013年『レ・パラダン―遍歴騎士』日本版初演

◆完全な現代譜が公刊されていない為 スウェーデンのチェンバリストAndreas Edlund氏に依頼し

ラモーの初稿に経ち還りジョイ・バレエ オリジナルスコアを作製

◆舞曲全曲上演、ラモー幻の序曲を復刻

 

2012年『プラテ』日本初演【1745&1749年版】

◆日本初のバレエスタジオ主催として フレンチバロック・オペラ全幕を日本初演

◆Les Arts Florissants バロック・オーボエ第一奏者 Gills Vanssons氏をフランスより招聘

◆「ぶらあぼ」《ぴっくあっぷ》に公演告知掲載

◆「音楽の友」公演評掲載

 

 


このページのTOPへ