フレンチバロック・オペラ「レ・パラダン(遍歴騎士)」 終演!

「レ・パラダン(遍歴騎士)」無事終演致しました。

御来場頂きまして、有難うございました。

2013年9月27日(金) ジョイ・バレエストゥーディオプロデュースフレンチバロック・オペラ Vol.2 ジャン=フィリップ・ラモー作曲『レ・パラダン(遍歴騎士)』全3幕 古楽アンサンブル Nunc Stansによる ヴェルサイユピッチa’=392Hz にて日本版初演

ジャン=フィリップ・ラモー初稿復刻 オリジナルスコア

幻の序曲 世界初演

開場18:00 開演18:30 練馬文化センター 大ホール S席8000円 A席7000円 B席6000円

芸術監督・演出・振付・構成:錦織佳子 音楽監督・指揮・チェンバロ:武久源造

コンサートマスター:天野寿彦

出演: 遍歴騎士アティス:青木洋也[ハイテナー] 美しく若いイタリア女性アルジ:峯島望美[ソプラノ] 年老いた元老議員アンセルム:春日保人[バリトン] アルジの侍女ネリーヌ:小野和歌子[メゾソプラノ] アンセルムの部下オルカン:小林 優[バリトン] 妖精マント:吉田志門[テノール]

バレエ: 錦織 舞・中島駿野・落合リザ・二上史生・大橋悦子・神田衣舞・北條安斗苗

ジョイ・バレエストゥーディオより4名

コーラス: 本徳喜美恵・大久保雅代・富本泰成・田尻健・金沢青児

吉田志門・梅田純吾・上條力秀・土屋繁孝・櫻井元希

古楽アンサンブル Nunc Stans
ヴァイオリン 天野寿彦・山内彩香・山口眞理子
ヴィオラ   中島由布良・田中千尋
チェロ    西澤央子 コントラバス 西澤誠治
オーボエ   尾崎温子・平地友佳
フルート   菊池香苗・新井道代
ファゴット  永谷陽子・江崎浩司
ホルン    大貫ひろし・中村孝志
ミュゼット  近藤 治夫
パーカッション 立岩潤三
チェンバロ   内田清孝

 

STORY

【Prologue 中世のイタリア北部 ヴェネート州】 遍歴騎士のアティスは、恋人アルジと離れ離れにされている。或る日、アティスが、殺されそうになっている蛇の命を助けると、その蛇は、妖精マントの変身した姿であった。マントはアティスへの感謝の印として、アルジとの恋が実る様に助ける事を約束する。アティスは、仲間の遍歴騎士達と共に、アルジ救出へと向かう。
【ACT1 アンセルムの城の正門】 アルジは、彼女と結婚したがっている年老いた元老議員アンセルムの城に閉じ込められ、絶望し、侍女のネリーヌに励まされている。アンセルムの部下のオルカンが、二人を監視している中、アティス達一行が巡礼者の一団に変装して現れる。アルジが、アティスとの再会を喜び合っていると、武装したオルカンがアティスに立ち向かう。アティスは、オルカンを制し、巡礼者として迎える儀式を行う。一行は、アンセルムが戻る気配を感じ、アティスに従い、姿を隠す。
【ACT2 アンセルムの城の近くの集落】 アンセルムが、アルジに逢う為に城に戻る途中、巡礼者の姿にされたオルカンが逃げ出して来て、事情を説明する。アルジも巡礼者の姿をして現れ、アティスへの愛を告白し、アンセルムを拒絶する。アンセルムに、アルジ殺害を命じられ、短剣と毒薬を渡され、使命の恐ろしさに震えるオルカンの前に、復讐の女神フリアイと悪魔に変装したアティス一行が現れ『お前を罰する』と宣言する。アルジは、オルカンを赦し逃がしてやり、遍歴騎士の姿に戻った一行は、アティスとアルジの愛を祝福する。そこへ再び、アンセルムが復讐に戻って来た気配を感じ、一行は城の中に籠りアルジを守ろうとする。
【ACT 3 アンセルムの城】 アンセルムが、城を襲撃しようとすると、妖精マントの魔法で城が消え、豪華な中国風の宮殿が現れる。モール人奴隷の姿をしたマントが現れ『私に忠誠を誓うなら、宮殿も財宝も、全てを与えよう。』と言い、パゴダの塔に踊る様に命令する。宮殿と財宝欲しさに、アンセルムがマントの誘惑に屈すると、アルジが現れ、アティスへの愛を宣言し、アンセルムは恥辱の内に逃げて行く。マントが、アティスとアルジの愛の勝利を宣言し、遍歴騎士達が『嫉妬を捨てて、歌おう、笑おう!』と、愛を讃える
les paladins leaflet  les paladins leaflet

☆Rehearsal

P1050738 P1050721 P1050667 P1050762

P1050857 P1050855 P1050850 P1050849

P1050847 P1050846 P1050830 P1050804

P1050820 P1050797

P1050873 P1050837

ラモーが1745年「プラテ」上演後すぐに構想し始めて、「プラテ」に次ぐテノールの精霊役として

“マント”を創りました。その15年後に「レ・パラダン」を上演した、ラモーの意思を尊重し、

本公演では、「プラテ」の衣裳を“マント”に改良しています。

 


このページのTOPへ