教師紹介 - ジョイ・バレエ ストゥーディオ

〒171-0052
東京都豊島区南長崎 1-9-16 ヒルトップビルド B1F

教師紹介

錦織  佳子
YOSHIKO NISHIKIORI アーティスティック・ディレクター
ソリスト上級クラス教師

ジョイ作品、演出・台本・振付・曲構成・照明デザイン全てを手がけ、古典からコンテンポラリー、、ミュージカル、オペレッタ、オペラコンサート、宗教曲 等、幅広く創作活動をしている。日本で誰も手掛けていないフレンチバロック・オペラ全幕のプロデュース・演出・振付・照明デザインを手掛け、シリーズ化している。歌・クラシックバレエ・コンテンポラリー・ピアノ競演のクラシックコンサート DEVE ESSERE ARTISTA~芸術家たれ は、白寿ホールの協賛公演としてシリーズ化している。

    古典バレエ全幕作品  演出・構成・振付・照明プラン

  • ●『眠れる森の美女』プロローグ付全3幕― 1890年の初演時においても、又 現在プロのバレエ団公演においても通常はカットされている、チャイコフスキー“幻の名曲”も復刻し、原譜に経ち帰り演出する。
  • ●『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』プロローグ・エピローグ付全3幕― セルバンテスの原作にフォーカスを戻し、ドン・キホーテの“純粋な騎士道精神”とサンチョ・パンサの“無垢な忠誠心”を描き、『失われた善き時代』への賛歌―としての新演出を手掛ける。
  • ●『白鳥の湖』プロローグ付全4幕― 1876年にチャイコフスキーが作曲した総譜を基に、従来のバレエ上演で“カット”され“曲順変更”されていた曲を元に戻し、原譜に忠実な演出を手掛ける。チャイコフスキーの原譜全曲を使用した『白鳥の湖』は今現在も他では上演されていない。
  • ●日本初演『パキータ』プロローグ付全2幕― 1846年パリ・オペラ座にて初演、その後1881年帝室マリンスキー劇場にて、再上演されたが、いつしか全幕としてのバレエは失われていた作品を、2001年にパリ・オペラ座が復刻した。2009年に日本初演として改訂復刻版として演出を手掛ける。
  • ●日本初演『シルヴィア あるいは、ディアナのニンフ』プロローグ付全3幕― レオ・ドリーブの原典に経ち帰り、従来のバレエ上演で“カット”され“曲順変更”されていた曲を元に戻し、初版のスコアの文章に忠実なストーリー展開で演出する。プロローグとして、原作のトルクァート・タッソ牧歌劇「アミンタ」のプロローグ部分を投入し、尚且つ、精霊と神々―芸術の9人のミューズ・月の女神ディアナと双子の太陽神アポロ・3大神ゼウス、ポセイドン、ハデス・美と優雅の3女神・季節の3女神― の存在を膨らませ、ジョイ・バレエ オリジナル版として演出を手掛ける。
  • ●日本初演『パリの炎』プロローグ付全3幕― 1932年にレニングラード国立オペラバレエ劇場にて初演され、1964年以降上演されておらず、2008年にボリショイ劇場にて改訂版として全2幕構成で復刻された。ワイノーネン版、ラトマンスキー版に続き、世界で3版目として日本初演、ジョイオリジナル版として演出を手掛ける。
  • ●その他のバレエ作品
    「パリの喜び」、「フェアリードール」、「ピィタァラビットと仲間達/ザ・ジョイ」、「ペトルーシュカ」
  • ●バレエ化したオペラ作品(カットバージョン) 演出・振付・曲構成・照明プラン・舞台監督
    「メリー・ウィドウ」「こうもり」「ホフマン物語」
    バレエ化日本初演「魔笛」、
    バレエ化世界初演
    フレンチバロック・オペラ「プラテ」、「愛の妙薬」、「天国と地獄」、「セヴィリアの理髪師」
  • ●コンテンポラリー作品
    「アルゴ・ヌエボ」 、「DANZA DANZA」 、「Ave Formosissima- Fortune plango vulnera」 「Die Vorstellung des Geistes ― Die  Wiederkehrer」、「Dies illa…, ― L’ora fatal s’appresa」,「Es werde Lícht—laut ertӧnt aus íhren Kehlen 」、「Dionysos―Les dieux de la mort et la reincarnation―」、「Ave formosissima―Omnia Sol temperat」、「DEVE ESSERE ARTISTA―Con tanto affetto…―」
  • ●ヴァルナ国際コンクール出品コンテンポラリー作品
    「エクスルターテ・イゥビラーテ」、「Des Geistes」
  • ●日本初演フレンチバロック・オペラ ジャン=フィリップ・ラモー作曲『プラテ』プロローグ付全3幕
    2012年2月、1745年当時のヴェルサイユピッチa’=392Hzを用いて、古楽アンサンブルによる生演奏にて、プロローグ付バレエ=ブフォン全3幕として日本初演。クラシックバレエによる舞曲を世界初演。
    芸術監督・演出・振付・照明デザイン・衣裳・メイクの全てを手掛ける。
  • ●日本初演フレンチバロック・オペラ ジャン=フィリップ・ラモー作曲 『レ・パラダン(遍歴騎士)』プロローグ付全3幕
    2013年9月27日(金) 古楽アンサンブルNunc Stans 音楽監督:武久源造によるヴェルサイユピッチa’=392Hz にて日本初演。芸術監督・演出・振付・照明デザイン・衣裳・メイクの全てを手がけ、フレンチバロック・オペラVol.2として上演。
  • ●DEVE ESSERE ARTISTA~芸術家たれ
    2011年12月Vol.1、2012年12月 Vol.2  白寿ホール協賛公演 歌・クラシックバレエ・コンテンポラリー・ピアノ競演のクラシックコンサートのプロデュース・演出・振付・舞台監督・照明プランを務める

錦織 舞
MAI NISHIKIORI  バレエミストレス

プロデューサー、バレエミストレス
ユネスコ主催「世界子供のフェスティバル」日本代表親善大使としてクロアチアに渡り、各都市にて公演に出演。ロシアモスクワバレエアカデミーにて研修。クラシックバレエの舞台以外にCM・ミュージカル・歌手プロモーションビデオ・オペラ歌手コンサート・ホテルパーティーにバレエダンサーとしてゲスト出演。2012年ジャン=フィリップ・ラモー作曲、フレンチバロック・オペラのプロデューサー兼、制作を務めながらプリマバレリーナとして出演。フレンチバロック・オペラ(バレエ・オペラ)の普及活動を行い、イベントにダンサーとして出演をする傍ら、講演活動も行う。DEVE ESSERE ARTISTA〜芸術家たれVol.1~Vol.6にて、歌・ピアノと共演の祈りをテーマとしたコンサートにクラシックバレエで出演。2016年にクラシックバレエを引退、翌2017年にパリにてナタリー・ヴァン・パリス氏にバロックダンスを師事。

藤野 晴彦
HARUHIKO FUJINO 設立者

谷桃子バレエ団、東京バレエ団を経て、カナダバンフスクールに特別奨学生として入学。その後カナダ国立バレエ団、ピッツバークバレエ劇場、アルバータバレエ団等に所属し、7年間北米で活躍する。R・ヌレエフ(「眠れる森の美女」)、E・ブルーン(「白鳥の湖」「ラ・シルフィード」のプロダクションではそれぞれ直接の指導を受ける。又、H・ズラスビー、A・ビルザック、M・ブラック、Mr.ケイトン、等高名な教師陣のトレーニングを受ける。

帰国後、牧阿佐美バレエ団を経て、ジョイ・バレエストゥーディオを設立。

日本バレエ協会員、練馬洋舞連盟会員、バレエ・モダン翔美会会員、日本バレエ劇場初代芸術監督